アービトラージによって最大の仮想通貨投資ファンドの需要が増加

仮想通貨投資ファンドの需要増加

グレースケールインベストメンツLLCは、第2四半期に仮想通貨信託で機関投資家から9億ドル(約950億円)以上を集め、高い関心が寄せられている。この結果は以前の四半期の最高値のほぼ2倍だ。なお、管理下の総資産は40億ドルを超えている。

需要の急増は、大規模な資産運用会社がデジタル資産を最終的に採用している兆候と見ることができる。しかしその一方で、多くの投資家は仮想通貨より一般的な裁定取引(※1)の機会を利用している可能性がある。

裁量取引とは

(※1) 裁定取引とは、アビトラージ(Arbitrage)とも呼ばれ、金利差や価格差を利用して売買し利ざやを得る取引手法を言う。

「グレイスケールのアビトラージはかなり一般的な取引です」と、テキサス州に本拠を置くヘッジファンド、マルチコインキャピタルマネジメントLLC(Multicoin Capital Management LLC.)の共同創設者であるカイル・サマニ(Kyle Samani)氏は述べている。グレースケールのメインビットコインとイーサリアムの信託は両方とも、伝統的に原資産の価値に対してプレミアムで取引されている。より多くのヘッジファンドが自分でコインを購入するか借用しており、現物で資産を信託に提供することで、より多くのユニットを作成している。これらの株が原資産のプレミアムで取引される場合、取引はリスクのない利益を提供するだろうとサマニ氏は語っている。

投資信託の構造は、認定バイヤーとの定期的な株式の私募を可能にし、最長12カ月のロックアップ(※2)条項を含み、可能にする。Coin Metricsの共同創設者であるニック・カーター(Nic Carter)氏は次のように述べている。

ロックアップとは

(※2)ロックアップとは、創業社長や会社役員、大株主、ベンチャーキャピタルなどの公開前の企業の株主などによって、株式などの募集および売出しを実施した後に需給関係を安定させることを目的に一定期間、市場で持ち株を売却できないよう、公開前に契約を交わすことを指す。

GBTC(ビットコインの投資信託)とETHE(イーサリアムの投資信託)の両方に長引くプレミアムがあったため、非常に人気があった

取引所で取引されている信託で株式を購入できるが、私募には参加していないもしくはできない小規模投資家は、認定投資家が購入し、ロックされた株式が数カ月後に売却されることを許可されている場合、最も危険にさらされる可能性がある。これは、ビットコインとイーサリアムがうまく機能したとしても、小規模な投資家がお金を失ってしまう可能性があることを意味している。

このような背景から、グレースケール社は流通市場価格を管理していないと述べ、同社広報担当者は、投資家の流入は、仮想通貨アクセス製品の購入と保有に対する需要を示しているとコメントしている。

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です