ビットコインを貨幣と認める、米ワシントンDCの裁判所

あくまで地区における効力米首都ワシントンD.C.の連邦裁判所が、仮想通貨ビットコインはワシントンD.C.では資金移動法において貨幣(money)であるとした。背景は、ビットコイン取引プラットフォームを違法で運営していたLarryDeanHarmon被告の裁判だ。被告は、同地区の方の下で無許可で資金移動ビジネスを行い、連邦法の下でマネーロンダリングを行ったとされる。2019年に起訴された被告は、無許可での資金移動ビジネスであるとの訴えを退けるため、ビットコインは貨幣(money)ではなく資金移動ビジネスには…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です