ロシア、ビットコインでの商品購入を禁止方針

ロシア、ビットコインでの商品購入を禁止方針

ロシアは、ビットコインなどの仮想通貨を合法的に承認する法案を可決したが、仮想通貨を使用して何かを購入することは許可しないとの方針を明らかにした。TASS通信社は、ロシアは仮想通貨を支払い手段として受け入れることができる電子データの集合体として認識し法的ステータスを付与したが、サービスや商品の支払いに使用することはできないとの決定を報じた

5月にロシアの法案では、ビットコインなどの仮想通貨の購入者が高額の罰金または最大7年の刑期を渡される可能性があることを明らかにしており、ロシアでの仮想通貨の発行はほとんど禁止され、すでにデジタル資産を持っている人は当局にそれらを登録し、それらがどのように取得されたかについて説明しなければならないだろうと述べていた。

しかし、今回承認された法案はそれほど厳格ではなく、それらを使用することはできないが、デジタル通貨の所持、合法的な手段によるその取得および移転は、許可されると法律は決定している。

TASSによると、ロシアで仮想通貨は特別な情報システムの枠組み内で発行、購入、販売、登録できるが、システムとその運営者はロシアの法律に準拠し、ロシア銀行が保持する関連する登録簿に提出する必要があるようだ。レポートは、ロシアの中央銀行が規制において主要な役割を果たすことになると付け加えており、ロシア中央銀行は、資格のある投資家のみがアクセスできるデジタル資産の機能を決定する権利を持つだろうと報告している。

ロシアでは、仮想通貨は長い間紛らわしいトピックであり、デジタル資産に実際の法的枠組みは与えられていませんでしたが、プーチン大統領は以前、仮想通貨は犯罪行為の温床であると述べていた。また、世界中の中央銀行でCBDCの開発が進んでいるが、ロシア中央銀行は独自の中央銀行デジタル通貨を持つことに懐疑的であるようだ。

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です