イギリス規制当局が、仮想通貨の広告規制を提案

イギリス規制当局が、仮想通貨の広告規制を提案

イギリスの規制当局は、デジタル通貨広告を他の金融プロモーションのように扱う準備をしており、金融行動監督庁(FCA)の権限の範囲内で規制することを検討していることが明らかになった。ジョングレン市大臣は、英国との投資家保護に対する懸念が高まる中、この提案を発表しており、政府はデジタル通貨広告に他の金融広告と同じ規制を適用することを考えているとのこと。

グレン氏によると、デジタル通貨要素を使用して規制投資を販売する企業は、FCAへの登録が引き続き必要となる可能性があり、投資家に対しては規制当局からの法的承認を得た企業のみに対処するよう警告している。またグレン氏は、「無許可の企業による広告が誤解を招く、またはリスクを完全に説明していない場合、人々はお金を失うことになります。だからこそ、クリプトアセットのプロモーションを含め、このような金融プロモーションの周囲により多くの保護を提供しつつ、人々が市場にある幅広い製品にアクセスできるようにしたいと考えています。」と述べている。

規制のバトンをFCAに渡すことにより、政府は即座に当局に執行力を与え、デジタル通貨広告の保護を他のタイプの金融プロモーションと同じように守ることができると考えているようだ。またイギリスでも財務省は以前、デジタル通貨の分野での規制の欠如は、規制された金融機関を扱うときに提供される補償のような通常の保護なしでは投資家にリスクをもたらすと述べている。

仮想通貨プロモーションの規制は規制当局によって処理されるようになり、FCAが将来これらのリスクを管理するためのより実践的なアプローチをとることができるようになることが期待されているようだ。この動きは、国のデジタル通貨資産に関するFCAからの最近のレポートと一致しており、その結果、多くの投資家が効率よく資金を稼ぐ方法としてデジタル通貨に目を向けていることもわかっている。

その結果、規制当局は、投資家がソーシャルメディアでデジタル通貨詐欺を実行する詐欺師のリスクにますますさらされていると述べている。

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です