シンガポール金融管理局、国外の仮想通貨企業にもライセンス制度を拡大する方針

海外事業も規制対象とする法律を提案シンガポール金融管理局(MAS)が、海外で事業を行っているシンガポールの仮想通貨企業も規制下で監督することなどを盛り込んだ新たな法案を提出した。現在パブリックコメントを受け付けている。シンガポール国内で事業を行うデジタルトークン関連企業の多くは、主にAML/CFT(資金洗浄防止/テロ資金供与対策)の面から法律で規制されているが、その規制やライセンス制度の対象を国外で事業を行っているシンガポール企業へも広がることを検討する。国際的な規制機関である金融活動作業部会(FATF)…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です