サトシ・ナカモトが、109億ドルを保有する最大のビットコインクジラ

サトシ・ナカモトが、109億ドルを保有する最大のビットコインクジラ

ブロックチェーン追跡および分析プロバイダーであるWhale Alertのレポートによると、ネットワークを51%の攻撃から保護するために、Patoshiと呼ばれるマイナーがビットコインの幼少期に109億ドルまたは1125,150 BTC以上を採掘していたことが明らかになった。

Patoshiは、サトシ・ナカモトとして知られる匿名のビットコイン作成者であることが確認されており、Patoshiによって採掘された初期のブロックには、有名な開発者で初期のビットコイン寄稿者であるHall Finneyへの最初のBTCトランザクションも含まれるとのこと。また、ホエールアラートによると、ビットコインの平均ブロック時間を10分あたり0.6ブロックに保つために、Patoshiが「ブロック間の速度を調整」していることを発見したという。

速度を調整する理由は2つあると考えられており、ブロック時間を10分に近づけるためか、ネットワークを51%の攻撃から保護するためであるとのこと。つまり、サトシ・ナカモトは51%の攻撃が当時のビットコインにとって大きな脅威であったため、意図的に速度を調節しており、ネットワークが成長するにつれてハッシュレートのシェアを安定した60%に保っていたようだ。

サトシはビットコインネットワークを保護しようとしていたようだが、悪意のある攻撃を受けにくくなったため、Patoshiのブロック作成率を10分あたり1ブロックに減らした。Patoshiの行動は、グローバルなビットコインハッシュレートが増加し、マイニングが増加するにつれて、細心の注意を払って計算され、ネットワークの保護に向けられているように見える。

一方で、ホエールアラートのSergio Demian Lerner氏は「操業停止のタイミング、採掘行動、採掘速度の体系的な低下、および支出の不足は、Satoshiが若いネットワークの成長と保護にのみ関心を持っていたことを強く示唆しています。 Patoshiが採掘したビットコインはこれらの取り組みの単なる副産物である可能性があり、この場合、残りが消費される可能性はないのではないか」と指摘している。

しかし、Lerner氏自身はPatoshiのマイナー行動は金銭的な利益によって動機づけられたのではないと信じているとのことだ。

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です