タイ中央銀行、デジタル通貨の開発を継続する予定

タイ中央銀行、デジタル通貨の開発を継続する予定

タイの中央銀行は、中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクトの開発を続けており、大企業間の取引についてCBDCをテストする予定であることが明らかになった。7月16日のネイションタイのレポートによると、タイ中央銀行(BOT)のCBDCプロジェクトはすでに第3段階の開発段階にあり、 BOTの副知事であるVachira ArromdeeはCBDCの計画を明らかにし、すでに企業の金融取引に使用されていると付け加えた。

6月にBTCManagerによって報告されたように、BOTはタイで最も古く、最大のセメントメーカーであるSCGと協力して企業向けのCBDC支払システムのプロトタイプを作成している。また、CBDCパイロットプロジェクトは、2020年7月から1年間実施され流予定とのことで、国のデジタル通貨の影響についてCBDC通貨が仲介者の排除により商業銀行に悪影響を与える可能性があると述べた。

しかし、その一方でBOTのアシスタントガバナーは、デジタル決済プラットフォームは金融取引のコストを下げると述べている。さらにバチラ氏は、タイの中央銀行は2020年9月後半に取引のためにCBDCを展開するために香港金融庁(HKMA)と協力していると述べ、両銀行は2019年5月にフィンテックイノベーションに取り組むための覚書(MoU)に署名しているという。

バチラ氏は声明で、「その後、小売業者に拡大して第4フェーズに移行する予定ですが、このフェーズには長所と短所の両方を慎重に検討する必要があります。 CBDCは小売市場に参入することで、金融機関の役割を変えながら、全体的な金融市場と金融の安定に大きな混乱をもたらす可能性があります。」と述べている。バチラ氏はまた、電子財布を介したCBDCの公的利用に対する懸念を表明し、BOTは長所と短所、および金融の安定性への影響に関する研究を実施すると述べた。

最近、より多くの中央銀行がデジタル通貨の使用に関する研究を実施するにつれて、CBDCは勢いを増し続けているようだ。最もCBDCが発展している中国では、計画されたCBDCを試用するために、中国の中央銀行とMeituan Dianpingのパートナーシップを報告している。

日本の中央銀行もデジタル円のモダリティを研究しているが、日本政府はまた、2020年の財政政策にCBDCを含めることを検討していると述べており、各国でCBDCの開発が盛んになっている。

記事参照:nationthailand

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です