テンセント支援の食品配達大手が、中国中央銀行と提携でデジタル通貨をテスト

テンセント支援の食品配達大手が、中国中央銀行と提携でデジタル通貨をテスト

ブルームバーグのレポートによると、中国の人民銀行はフードデリバリー会社のMeituan Dianpingと提携して、中央銀行のデジタル通貨をテストしているようだ。レポートでは、Meituanがデジタル通貨電子決済(DCEP)と呼ばれていた通貨のPBOCの「実際の使用例」の研究ユニットと「交渉中」であるとしており、ブルームバーグは提携をトークンの大規模な採用における主要なステップと呼んだが、パートナーシップの詳細は最終的なものではないと述べている。

Meituanとのプロジェクトは、PBOCのデジタル通貨研究ユニットと中国のテクノロジー企業が関与する最新の既知のコラボレーションであり、先週、配車会社のディディ氏は、同様のパートナーシップを結んだと語った。さらに、ブルームバーグによれば、MeituanとDidiはそれぞれ数十億ドル相当のトランザクションをホストしており、4月にPBOCのデジタル通貨研究チームは、大手の人工知能スタートアップであるSenseTimeとも同様の契約を結んだことを明らかにしている。

しかし、これらの共同研究はいずれの場合も、詳細は曖昧であり、明確な目標や共同開発の目的などは明らかにされていないことが多いようだ。また、中国のテクノロジー企業の一部、特にTencentとAlibabaは、DCEPが稼働するとDCEPのディストリビューターとして機能する可能性があるとのこと。

PBOCがデジタル通貨を直接、すでに大量のトランザクション量が見られる消費者アプリケーション(ライドヘイルやフードデリバリーなど)にプラグインすることは理にかなっているため、テスト段階として利用されるとみられている。

中国は、おそらく今年の初めに、中央銀行デジタル通貨(CBDC)を発行する最初の主要経済国であると広く期待されていることもあり、その動向が注目されている。

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です