『ビットコイン相場に異変』バブル崩壊以降3番目の低ボラティリティ期間で市場困惑

株式市場と仮想通貨米ニューヨーク市場は、ダウが5日ぶりに反落。前日比135ドル安の2万6734ドル安で取引を終えた。株価の上値を重くした背景には、新型コロナの第二波懸念のほか、コロナウイルスに関する対応をめぐる問題や緊迫化する香港情勢を発端とした米中対立の先鋭懸念もある。トランプ米政権は14日、南シナ海の海洋権益に関する中国の主張を「完全に違法」と初めて明確に否定するなど中国への圧力を強めている。今後の世界経済動向を左右する新型コロナワクチンや治療薬に関する進捗では、ここへきて米国内でポジティブなニュース…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です