韓国、仮想通貨キャピタルゲインに20%課税の可能性

韓国、仮想通貨キャピタルゲインに20%課税の可能性

韓国の民間部門のメンバーは、仮想通貨のキャピタルゲイン税を確立することを目的とした暗号関連の課税法案について議論している。

7月13日のこれらの議論が行われ、メンバーは仮想通貨キャピタルゲイン税が最大20%に設定される可能性があることを示唆している。仮想通貨に対するキャピタルゲイン税は今年1月から検討されていたが、当初では2020年の前半を目処に税制度の確立を目指して議論されていたようだ。

韓国、仮想通貨のキャピタルゲイン税を検討

2019.12.09

既存の法律の修正案では、暗号通貨を通貨ではなく「商品」として分類する予定であり、国会議員は、仮想資産を電子的に取引できる経済的価値の電子証明書と見なすことができることを確立した。ただし、取引が販売目的の場合は、資産と見なすことができるとの見方を示しているようだ。

韓国の裁判所は、判決でビットコイン(BTC)に言及し、「これまで、仮想資産は通貨の関数としてのみ認識され、所得税の対象ではありませんでしたが、最近では、ビットコインなどの仮想資産が不動産価値のある商品として取引されることが増えています。資産価値のある無形資産の認識、課税の必要性、仮想資産の資産価値の認識など、さまざまな条件を同時に考慮するようになった。」と述べた。また、記事によると、仮想通貨取引が自国に居住していない人々のキャピタルゲイン税を源泉徴収する予定であることも明らかにしている。

韓国の金融監視機関である金融サービス委員会の統計によると、仮想通貨を使用して1日あたり平均1.33兆ウォン(11億ドル)が取引されており、さらに2020年1月から5月の間に、平均76億9,000万ウォン(63万3,000万ドル)が取引されたとのこと。韓国延世大学の経済学者、ソンテユン氏は、韓国での仮想通貨キャピタルゲインに課税する決定は、テクノロジーの新興市場を減速させる可能性があると警告している。

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です