米大手金融Fidelity(フィデリティ)、BTCマイニング企業の株式10%を取得

米大手金融Fidelity(フィデリティ)、BTCマイニング企業の株式10%を取得

米大手金融のFidelity(フィデリティ)は、ビットコインマイニング企業であるHut 8の約10.6%の株式を取得した。2020年6月10日にオンタリオ証券委員会(OSC)に新たに提出された代替月次報告(AMR)によると、Fidelityがマイニング企業Hut 8の約10.6%の株式を所有していることを示しているとのこと。

Hut 8は最近、投資家に株式を売却して830万ドルを調達しており、既存の事業に275 PH / sのマイニング能力を追加する予定であったとのことだ。

Hut 8のAMRによると、「Fidelityは8,396,138株の普通株式と2,054,956株の普通株購入ワラントを保有しており、その結果、Fidelityはそのクラスの発行済み株式の約10.58%に相当する10,451,094株を保有していると見なされます」とのこと。さらに、「Hut 8マイニングコーポレーションの普通株式およびワラントは、投資目的のみで取得され、Hut 8に対する統制または指示を行使する目的では取得されませんでした」と記している。

シェア構成を見ると、Fidelityは多くの共通シェアを保持しており、将来さらに多くのシェアを集めることができることを示しているようだ。しかし、Fidelityは、「ここで参照される証券を保有するFidelityが管理するファンドおよびアカウントは時々、そのような期間の証券貸付契約に従って、そのような証券の一部またはすべてを貸与する可能性がある」と開示している。

Fidelityは2014年以来ビットコインの採掘を行っていて、長年にわたって同社はこの成長産業への投資を増やしており、2017年5月にはCoinbaseとフィデリティの統合を報告している。

ソーシャルメディアとデジタル通貨に焦点を当てたフォーラムのビットコイン支持者は、Hut 8マイニングにおけるフィデリティの利害関係の増加に満足しているようであるが、一方でビットコインのマイニングの難易度は過去最高に達しており、Fidelityはビットコインのマイニングに大きな賭けをしているとの声もある。また、今回の株式取得により早朝の取引セッション中、Trading ViewのHUTMF株価チャートは価格が0.82ドルでホバリングしていたが、Fidelityの発表以降、0.8758ドルに上昇している。

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です